スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!

今年も宜しくお願い致します!




すっかり停滞して誰も見てないかもしれませんが折角なので更新を。

自分も無事2016年を迎える事ができました。
なんやかんやフリーのイラストレーターとしてお仕事を頂き続けもうすぐ2年目となり、様々なジャンルに触れさせてもらっていますが未だ基礎力や応用力のなさ、センスの違い等実力不足を感じ続けております。
それでも一つ一つ今できる事を精一杯やる事で何とか信頼して頂けているので今後もきちっと仕事はこなしつつ、きちんとイラストが描ける人を目指していきたいと思ってます。


一先ず新年一発目。
毎度お世話になっている「美人」さんこと「仲島敏司」さんの艦これ二次創作本の表紙や挿絵を担当させてもらっていて、その中で主人公として活躍する大鳳を描きました。その時々によって表現したい雰囲気に合わせて顔が変化してしまい、紺先輩を描く時同様悩みの種となっているのですが、それ以上にもっと女の子としての可愛さを"素直"に描けるようになりたいなぁと思う毎日です。

去年は投稿目標50はいきたいと思っていたのに蓋を開けてみればなんと6枚。
仕事では結構描きましたが「イラスト」というよりは「素材」という側面が強いので今後は絵としてもうちょっとまとまったものも目指しつつ投稿数を増やしたいです。なにより、絵を描くことの楽しさをもっと思い出す事も大事。


動画に関してはちょこちょこ出せるものを出していきますが多人数実況の方はいよいよ難しくなってきました。
最早皆大人で、社会人なので仕方ないとは思いますが少し寂しいですね。
ブログの方では今年こそ何か描く度に生存報告していきたいと思っていますが生放送の方は相変わらずやっているので現状のあんだーそんが気になる方はちらっと覗いてみて下さい。



それでは改めて

今年も宜しくお願い致します!
スポンサーサイト

yasuo描いた

15_01_02_1836yasuo_5.jpg

League of Legendsからyasuo。
今や日本でも知名度が上がってきて、日本での大会も少しずつ盛り上がってきてるとか。自分はシーズン1終盤からシーズン4開幕までプレイしてました。

LoLはキャラクターのデザインがあまりケバケバしてなかったので(かっこいい、かわいいがわかりやすい)描きやすいキャラクターが多く、今回のyasuoも実装されてからずっと描きたい描きたいと思っていたので新年早々描き上げられたのは本当に良かったっす。
前回の紺先輩は出来るだけ丁寧に仕上げる事が目標だったので、yasuoは男らしくゴツゴツに見えるよう荒く手を入れてみました。ストロークで面を作る事を去年は意識できなかったので今年に入ってようやく気軽に、それっぽく、見せ場だけに注力するという事を実践できたようなそうでないような。まだモノの輪郭を適当に黒で閉じてしまいがちだったり、位置が違うのに明度がほぼ同じままのものを放置し気味なので色の明暗を覚えつつこんな塗りで男性キャラクターの練習を意識していきたいです。ちょっと、pixivに上げてる絵の男女比率も偏っていましたし…。

他にもまたFullmetal PantheonのリベンジとかBunny RivenだとかBattlecast Cho'gathとか描いてみたいですね。

書き初め先輩を描いて

15_01_19_2103_路地裏先輩ミニ
紺先輩のいる背景が描きたかったのであえてロングだったのだけどやっぱ近いほうがいいなぁと思ったり。

時間に追われてると兎に角画面の粗を誤魔化す事に注力しちゃうので、今回は久々に誤魔化そうとせず気の済むまで描き込めて良かった気がする。上手い人の絵を漁って、どうしてこんな風に自分の絵は映えないんだ~とか考えているとその時ふと目についた一文がわからなかった所を補間してくれたり、2日3日経つと違和感が見えてきたりするのでやっぱり時間が大事なんだな~と思う。
とりあえず背景描こうと思って始めた一枚だからか色や構図に関してもうちょっと工夫のしようがあったと思うんだけど、昔よりかは行きたい所にたどり着けるようになった気がします。

ちなみに、今年からは何か描いたり、編集したり、行動を起こしたらその度にここでその時考えてた事とか徒然と書き残したいと思うので興味ある方はお付き合い宜しくお願い致します。

第二の人生「Rust」というゲーム

あけおめ!どうもあんだーそんです!
10月末からそこそこ忙しくなってしまい生放送はやっていたものの映画鑑賞もブログ更新も疎かになってました。特に11月末から12月頭にかけて「Rust」というゲームにドはまりしてしまい同じ時間を作業や動画編集、映画鑑賞に使えばもっと色々できたのでは…と、少し考えてしまうぐらい。
だけど今でも崖っぷちを追ってくれている方々と久しぶりに一緒に楽しくゲームをする事ができたので素敵な体験になったのもまた事実。今回はそんなRustのレビュー兼日記みたいなものを書いていきたいと思います。


・Rustってどんなゲーム?

「Rust」はかの有名なArma2のMOD「DayZ」を彷彿とさせるようなゲームで、そんな殺伐とした世界なのに「Minecraft」のようにクラフト要素も併せ持っていて条件さえあえばどんな場所にでも家を作る事ができる。当然、特定の爆発物等で壊す事もできるので家を作って中で寝ていたのに翌日ログインしたら寝ている間に殺されていて素っ裸で知らない場所でリスポーンなんて事が起こるし、石や木を集めているだけなのに服を着て銃をもった文明人(自分達は良い装備を来た人を文明人、そうでない人を土人と呼んでいる)に撃たれるのも日常茶飯事だ。

だけど採集やアイテム生成・建築等、時間とステップを重ねてサバイバルをしていくので生き残る事への執着もその分強くなっていく。例え死んだとしてもそこで得た知識や経験が次のサバイバルへと活かされるので徐々に徐々に文明人への復帰や生存能力が高くなっていくのが成長として実感できて楽しいバランスになっているのだ。

自分の家を壊されたらより他人に発見され難い所に作る。それでも壊されるようなら攻められにくい様に作る。まだ来るようならアイテムを別々の拠点に分散。危険なプレイヤーの情報は全体チャット等を見て確認したり、住処を特定する事で接触を避けていく。そして、仲間や資材が集まったら敵の住処を襲撃しにいく!
ゲーム内で用意された舞台やイベントではなく、プレイヤー自身がステージやドラマを産んでいく所が昔やっていたMMO「Shadowbane」を思い出させて凄く楽しい。

現状、ほぼ常時ログインできる廃人プレイヤーの空き巣や襲撃によってのんびり遊びたい個人プレイヤーは常に家を失う事になってしまうのでお世辞にもバランスがいいとは言えない。名前の確認も近くに寄らないとできないので身を守りたいなら接触しないか、問答無用で発砲するしかない。「Garry's mod」の生みの親であり「Rust」の製作者でもあるゲイリーはプレイヤーのコミュニティのみによってゲームを構築する様々なイベントを生み出したいらしいが唯一安全なコミュニケーション方法が現状全体チャットでしかないのでそれは難しいだろう。
個人プレイヤーでもある程度は自宅を守る事が可能で鯖やエリアへの定住をもっと促したり、殺害ではなく交渉や脅しを行う事にメリットを与え、とりあえず歩み寄る様な状態にしないとゲーム内のコミュニティは何時まで経っても成長しない。勿論プレイ時間によって有利不利が変わるのは仕方がないが一晩もサバイバルやクラフトを楽しめないのでは「Rust」をやっている意味がない。戦闘だけが目的ならば「DayZ」や「Infestation」。もっといえば「CoD」や「BF」シリーズをやればいいのだから。
それでもこのゲームを続けてしまったのは皆と一緒にアイテムを探しまわったり、徐々に徐々に巨大になっていく建物を眺めたり、危険なプレイヤーの建物を襲撃しにいったり、フルチンで意味もなく走り回れたりしたからだ。
それもこれも友好的なプレイヤーや非友好的なプレイヤー、その日起こった出来事等をこちらの情報網で把握しその都度自分たちで目標を立てれたからこそ長続きしたのだろう。
最終的には自分達の様に身内がたくさんいるからこそ出来るような事を他人同士でもある程度可能な状況にしていけばもっと遊びやすくなるのではと思う。コミュニティレベルのバランス調整はクラフトや採集、戦闘等ゲーム部分全てが関わってくるので難しそうだし後回しでいいけどそれによって想像を超えるイベントが生まれるのは間違いないのでゲイリーには時間がかかってもいいから頑張って欲しい。


と、「Rust」というゲームをある程度語った所で日記の紹介。前置きが長くなってしまったのだけどmore...から先はそんな世界で普段崖生を見てくれている人達と一緒にある山の頂上に定住し、どんどん大きくなっていく崖っぷちハウスの記録を綴っているので興味がある人は是非見て下さい。

more...

何から手をつければ良いのか…

あああ
何がなにやら…

予定ではこの時期にはもう動画の方をアップロードしていた予定だったんですが、趣味の一つである漫画描きの熱が周りの出来事によって今更盛り上がり、締め切りも一ヶ月ちょいという事でかなりてんてこ舞いな事になっています。

こちらの方では漫画に関して何のインフォもしないつもりなので深くは語りませんが、動画の方はもう90%出来ていて最後の調整だけなのにそこを押し込む時間を自分で作れず結局だらだら~っと他の作業を進めています。(別件のビデオ編集作業もまだ入ってくるでしょうし)
元々実況動画も趣味の一つで、それに関しては明確な締め切りが無いせいかかなり甘えてしまいますな…。
"時間をかけてる"という事でなくただ単に"時間がかかっちゃってる"だけで出来が段々良くなってるわけではないのでそのあたりはあしからず。

こういう状態に陥ると贅沢かもしれませんが、自分のあらゆる趣味のスケジュールとか締め切りを半強制的に決めてくれるアシや秘書的なものが欲しくなってきますな…。で、なければ今日ポムギから聞いた話なんですけど「Ustreamやニコニコを使って作業風景をUPする事でサボらないようにする」という手はある意味有効的かも。

動画を待っていて下さる方々に申し訳ないと思いつつも中々自分に厳しくできないあんだーそんでした。
プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。