スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Left4Dead2レビュ-

ぞんび5


待ちに待ったL4D2がついに発売!
デモの段階では新感染者、及び新たなクレッシェンドイベント一つだけしかお披露目されなかったので不安が残ったものの製品版をプレイ後、それらは全て一蹴された。

Left4Dead2が前作より優秀な点として以下が特に挙げられる。

・篭りプレイの容易さを新特殊感染者の「Spitter」によって抑止
・クレッシェンドイベントが移動を強要させるシーンに
・新たな感染者によって感染者同士のコンボが可能になった
・演出の強化

前作の不満点としては主に「何かと篭りが強い」点が挙げられ、ステージの進行もクレッシェンドイベントによって生存者たちに篭りを強要させるものが多かった。唯一プレイヤーをその自慢の舌に寄って集団から引き離させる「Smoker」も拘束の解除が容易なため篭ったプレイヤー達に対しては大した対抗策にならなかった。
フィナーレに至ってもその調子なのでどのステージも面白みに欠けるのが実状だ。
マルチのバランスに細心の注意を払うValveだからかどうかは知らないが、第1作目ではそのシステムとバランスを作り上げるのに精一杯で、武器の種類や投げもののバリエーションも乏しかったため発売から数ヶ月経った後は「行動のテンプレート」の、ようなものが暗黙の了解で作られ、それと同じ様に行動しなければ「負け」もしくは「Kick(ゲームから弾かれる)」という事も珍しくはなかった。

Left4Deadのシステムの優秀な所といえばFPSのCo-opにおいて他のゲームでは弱い「協力感」が非常に強かったり、ただ動く敵を撃てば良いわけではない敵感染者のギミックだったり、対戦でその感染者が協力して生存者を転ばす戦略性が挙げられる。
FPSの大体は技術によって上手い下手が別れるが、L4Dは「知識がある者が強い」珍しいゲームだと思った。(それでも技術がある人が強いのには変わりがないが)
故に自分はLeft4Deadが大好きだったが「前作の不満点」で挙げたものが半年を過ぎるとゲームの楽しさをどんどん下げていき、最終的にプレイしなくなってしまったのだ。(そもそもマルチを1ヶ月以上続けられる良ゲームはそうそう無いが)

しかしL4D2では前作の倍以上の武器のバリエーション、新しい投げもの「Boomer bile(胆汁爆弾)」の登場によって緊急時の回避方法の増加、様々な行動が早くなるアドレナリン注射や死んだ生存者をその場で生き返らせられる「AED」の追加によってゲーム中のシチュエーションが何倍にも増加されたのだ。
生存者側も基本、能動的に動き続けなければならないので気だるさが少なくなったし感染者側に至っては、Chargerで吹き飛ばしたりHunterで倒した後、倒れてたり起き上がってる最中にSpitterの酸で追加ダメージを狙ったり、Boomerで視界を遮った後、JockyやSmokerで目が潰れていない生存者を引き離しフォローさせない、といったコンボプレイの幅の広がりは最高に面白くなった。

L4D2-3.jpg
ゾンビに囲まれたり特殊感染者に掴まれて身動きが取れない状態での酸攻撃は非常に凶悪だ


前回三種類だった敵の音が6種類に増えただけでパニック時の警戒が難しくなったし、単純にステージの作りも両勢力試行錯誤できるように順路が増えたため、こと対戦に置いては文句がつけられない出来となった。(Chargerタックルによる即死ポイントの多さや拘束からのSpitterのダメージは修正されそうな程強いけど)

L4D2-4.jpg
追加武装の一つである近接武器の威力は10発ちょっとで対戦タンクを落とす程強い


そもそもL4D2はその殆どが装備の追加と感染者の追加だけであって、システムは殆ど変わらないのにここまで新鮮度が高く感じられる事がその出来を表している。
「死ぬまでの時間」を競うサバイバルモードは前作の篭りプレイを思い出すため未だやる気がしないし、チームの連携がキャンペーンや対戦以上に難しいスカベンジモードについてはまだ評価するには難しいが、Left4Dead2は久しぶりに前作の不満点をことごとく改善したゲームと思われる。
今作の主人公(特にロシェル)にはまだ慣れないし、前作のゾーイ、ルイス、フランシス、ビルの四人組に比べると色分けが大分弱い気がするがそれでもプレイし続ける内に愛着が沸いてくるだろう。

L4D2-2.jpg
Valve訳の甲斐もあってキャラクター達の掛け合いは1同様見所のあるセリフが満載


負けチームの萎え落ち多発や相変わらず野良初心者に対しての間口が狭い事が海外レビューサイトで挙げられていたが「協力」が大前提のこのゲームだからこそつけられる文句なのだろう。
ただ、本当にゲームの価値を見出すなら連携が取れるフレンドを見つけたり、積極的にVCを使う等の工夫がプレイヤー本人に課せられるのでカジュアル度が今作によって更に低くなったのは否めない。(人によっては高くなったと感じるかもしれないが)
TF2のように自分の腕が多少足りなかったり、足りないプレイヤーがチームにいたとしても楽しめる、というわけではないので、購入する人はその点にだけは注意して欲しい所だ。

とはいえ、FPSが苦手というだけでこのゲームを敬遠するのは聊か勿体無い。
ゲーム好きを自称する人なら一度はシンプルなコンセプトで戦略性溢れるこのゲームをプレイしてもらいたい。
FPSというジャンルで括らなくても「協力」と「対戦」が同時に行える唯一無二のタイトルだからだ。
スポンサーサイト

theme : LEFT 4 DEAD 2
genre : ゲーム

Call of Duty:Modern Warfare2 レビュー

MW1
Good kill,Good kill....


スクエニブロック(一番悪いのは発売元のActivisionか開発元のInfinity Wardだろうが)の存在を知り絶望していたのも束の間、US:Steamではいつも通り買えた上に三代目PCも丁度戻ってきたので早速レビュー。

最初に断っておくと自分はシリーズ通してマルチプレイを殆どやっていないので今までのマルチの出来云々で語る事はできないし、元々キャンペーンを軸に置いたゲームだと思っているのでここではそれに触れない事にする。それにPC版ではオンライン認証(Steamで認証しないとパッケージを買ってもインストールできず、日本からのアクセスは現在認証してくれない)の問題もあったがそれはゲームの面白さとは無関係なのでこちらも無かった事にして考える。


まず一周通してみて感じた前作との違いは
・遥かに広大な戦場
・バリエーション豊かな近代兵器
・演出
で、画面から受けるもの全てにボリュームアップは感じた。
実際武器のバリエーションには驚かされたし、アタッチメントにより同じ武器でも用途が全然違うので武器選択において良い意味で迷ってしまう。前作では道なりに進んでいくMAPが多かったのに対して、今作はある程度広大な戦場の中を駆けるシーンがいくつか存在するので、足の進め方も自分で決められるようになったのは大きいのではないだろうか。

ただ、それが単純に面白さに直結するかというとそうでもなく、選択肢の幅が漠然としすぎていて「ある程度は正しい行動」を行わないとそれがすぐ死に直結するのが非常に腹立たしくなる事もある。
「左か、真ん中か、右か」というよりは「左のあそこらへんか。真ん中らへんか、右のあっちらへんか」というぐらいアバウトなマップもあり、とりあえず数回適当に突っ込んで安全なルートを探す事に終始するチャプターもあるぐらいだ。

またマップが広大になった事により前作では頼りになった味方の索敵・援護が機能しなくなっている箇所もある。これは個人的に不満だったCoD:World at Warの味方の馬鹿さ加減を思い出させるような事で「ある廊下を味方が先行していったと思ったら逆走してきた敵をそのままスルーしていった」という信じられないシーンが数回見られた。
そのため、通常の開けたマップであっても味方は全方位の敵の多くをスルーし、その殆どを主人公が片付けなければならないケースが多く、味方のクリアリングも非常に甘いため前作以上に慎重に慎重に前に進む必要がある。

しかも、その事で緊張感が増したか?と聞かれれば「NO」と答えたい。
個人的な見解ではあるが、いかにも敵が出そうな箇所から敵が出現するか否かという場面だからこそ周りを警戒し、緊張感が生まれるわけであって戦闘中、味方が付近にいるのにも関わらず横から上から後ろから撃たれるのは気持ち悪いだけだ。この点についてはValveゲーの開発コメンタリティーでも多く言及されていて、気持ち良いシューティングゲームを作るためには良く考えないといけない要素なのは間違いない。

おまけに、元々コンシューマーユーザーには縁の無い話だろうけど「覗き込み」(TPSではカバーアクションに近い)をPC版から廃止したのはかなり痛い。
敵を「追う」側である主人公勢は幾度と無く敵の待ち伏せに合うが、曲がり角を曲がる際には「覗き込み」をして進路の安全を確認して、隠れながら敵を排除しつつ進むのが一部FPSではテクニックとして存在していた。
しかし、今作では覗き込みがない故に「とりあえず特攻して撃たれたら敵の位置を確認しつつ後ろに下がる」という体当たり作戦を取らなければならない。血飛沫が舞う今作のダメージエフェクトと合わせて非常に間抜けな行動を取ってる感は否めないし、今作は「置きAIMか」と言わんばかりに物陰から飛び出した場合の敵の初弾の命中率が異常に高いので、いくら自動回復制とはいえテンポが悪くなっている。前作で出来た事を何故廃止するのか開発陣営に是非問い詰めたいぐらいだ。

MW3
ヘリから敵の援軍が降下する前に友軍に支持して撃墜してもらう事も重要


これを書き始めたのはクリア直後なので称賛に偏らないよう不満点から述べた。
が、戦場を目で体感する点でいえば従来のシリーズと比べても最高峰だし、乗り物を駆使する事でスピード感も増し、様々な戦場を駆ける事で飽きを感じる事もなかった。シーンに合わせて流れるBGMも有名なタイトルで言えば「ブラックホークダウン」や「パイレーツオブカリビアン」、「ダークナイト」の音楽を手がけたハンス・ジマーであり、前作同様盛り上がりの演出は他のゲームの追随を許さない出来だ。
口々に言われる「クリアまでが短い」といったコメントも5時間が短く感じるぐらい楽しく遊べたから来るものが殆どだし、無駄に長いストーリーよりか短く、濃く、スパっとまとめてくれるゲーム内容の方が楽しい時間を過ごしたと実感できるため不満には感じない。
むしろ、最近の長編ゲームでエンディング後に感じる達成感は、その大体が時間をかけて完成した「ジグソーパズル」のようなものであり、ジグソーパズルの出来そのものに感動を覚えているのでは無いと思う。
「銃を撃つ」と、いった単純なルールしかないこのゲームに長時間のプレイは似合わないだろう。


確かに、MW2のストーリーをざっと見返してみると「あれ?あいつはどうなったの?」と思ったり、いくつか複線が張られたままになっているので、それらも全て回収したストーリーであればまだ数時間は延ばせた筈だが起承転結はしっかりしてるし、終わりも前作と同様プレイヤーの脳裏に響くような演出なのでとりあえずは良しとする。どう考えても3への複線にしか考えられないのだが、そのまま放置されそうな気もするのでこの点はあまり悩まない方が良いのかも…。


MW2
助けて!マクタヴィッシュ(Soap)先生!


全体を通してみれば4の成功をキッカケに同じような感動を与えるべく作られたゲームだった。
FPSとしてはCoD4の方が出来が良い気もするが4の続編としては不満は無く、確実に成功しているタイトルだ。ゲームジャンルが違うアンチャーテッドと比べるのもどうかとは思うが、こちらも「映画ゲーム」としてのスタイルを確立させていて一人称の利点をフルに生かした内容に仕上がっている。
向こうが傍観者としての視点ならばこちらは登場人物としての視点なので臨場感の差は段違いだろう。
FPSというジャンルに溺れているせいもあるがプレイできて良かった、と思えるタイトルだった。


ただ、一つ言わせてもらえば対戦のシステムを練り上げるよりキャンペーンを普通にCo-opできるようにするか、やはり複線全てを回収したストーリーに仕上げて欲しかった。
消費したお金を「かかった時間」で計算する人にとっては今や当たり前のように無料でもできる対戦よりキャンペーンを重視した方が満足度が高いと思うんだが…いかがなものでしょうか。



【追記】
『Modern Warfare 2』がロシアでリコールに。テロリスト襲撃シーンが完全規制

このシーンを見て「引いた」という旨のコメントを良く見るが何故ゲームになるとこの手の表現はパッシングを受けるのだろうか。映画でもこの手の虐殺シーンはたくさんあるし。
ちなみにこのステージ、『No Russian』というチャプターなのだがストーリー上必要な場面であって決してターミナルにいる一般人を撃ち殺すだけのボーナスステージではないし、プレイヤーは一般人に対して殆ど発砲しなくても前には進める。
「文化を軽視してる」と言われても架空の世界で起こした出来事であって現実のロシアとは何の関係もない。良い気持ちではないのは理解できるけど、たかがゲーム如きに騒ぎすぎなような希ガス。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

2代目も…

2代目の積んでいたグラボも故障…NVIDIAのドライバを入れると「No input」になるので仕方なくアンインストールしたのだがなんだこれ(´д`;)

ドライバさえ入ってなければ一応動作はするみたいで画面もしっかり表示されているのだがスクロールする度にモタつくのでブログ等の観覧がし難い。
もちろんゲームは動かない。
編集もできるにはできるのだが前述した通り、切り張りする編集画面のシークバーをスクロールする時にもモタつくので効率は大幅にダウン。
動画の素材に使うGarry's Modも動かないので次回の動画までまだまだかかりそうです…。

作業がはかどり始めた時に限ってこうなるとストレスで胸の辺りが痛くなりますな。
早めにコストパフォーマンスの良いグラボに取り替えるべきなのでしょうけど金が…。

PC整理中

眠れないので編集作業の効率化も含めPCを整理していると懐かしいものが出てきた。

負の遺産

これ、ある発表会のために個人的に作ってたアニメーションの1シーン。
前回の記事にあった"PCの気絶"の話にも関係あって当初これを作ってる最中に初めてのWin機が故障してしまい、半年がかりで作っていたものを、わずか2ヶ月あまりで作らなければいけなくなってしまったのです。
しかも間が悪い事に、その時期自分は実写映画の制作にハマっていて(スミスが撮影を手伝ってくれるようになったのもこの頃)PC復帰後もそちらの方に本腰を入れてしまったため、まともな作画はおろか枚数さえ殆どこなしてませんでした。

最終的に苦肉の策として「漫画風にコマ割った静止画を上手い事スライドさせる」事により最低限のアニメーションで体裁は保たれたんですが、こんなもんを堂々と大画面で2分近く流してた事を思い返すと今更ですがゾッとします。
漫画風にする事で色も塗らなくて済むぜホッヒヒ!って感じだったんでしょう。

黒人


出てくるキャラも冴えないけど強い面白黒人(二枚目画像参照)だとか冴えないけど強いStalker(1枚目画像参照)だとかその後の自分を表現しているようなキャラデザでびっくり。

Clear Skyの編集の完了とL4D2の録画に着手できたらもっかいちゃんと作り直してみようかな。
pixivとかブログとかサイトで絵を残してる人は良く感じると思うんだけど自分の絵の変化だとか上達の具合だとか自身の内面の部分の変化が見れてなんだかもどかしくなったり嬉しくなったりする。
結構昔の方が素直に描いてる所とかあって あーこんな事なら小学生とかの落書き帳とかも残しておくんだったと少し後悔。

漫画がどんどん増えていくため我が家の紙媒体の記録はどんどん火にくべられてしまいますが、ええ。



おまけに昨日見た「スパイダーマン3」と「スネークフライト」とレビューを…
ネタバレ含むので見たい方は more...をクリッコ

more...

三代目Win気絶

3月始めに購入しゲームPCとして使ってたものが昨日気絶しました。

2代目で調べた所、原因はVGAの故障と判明…早速ケースを開けてみると悪臭がただよってたので何かが溶けてたんだと思います。どう考えてもメンテ不足orz
昼頃にPC内から「ボンッ」という音がしたので「おかしいな?」とは思ってたんですが…もっと早めにケースを開いて見るべきでしたね。
不思議な事に1代目から3代目まで必ずこの時期にぶっ壊れてます。(毎年1台ずつ)

3代目は先代の件もあり3年保障付きなんでこの先2年間は何度倒れようとも立ち上がって頑張って欲しいですね(´・ω・`)
プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。