スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリスインワンダーランド

見てきました!
公開初日に見るなんて小学校以来ですがお馴染みティム×ジョニの鉄板コンビで悪く無い内容の映画でした。

ただ「子供連れ歓迎です!」の一言はどうなんだろう…。

main_new_large.jpg
(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

アリス・イン・ワンダーランド(以下wikiから抜粋)

アリス・イン・ワンダーランド (Alice in Wonderland) は、2010年公開のアメリカ映画。ティム・バートンがルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』を基に製作したオリジナルストーリー。実写とモーションキャプチャによって映画化。

ストーリー

不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母親に勧められ富豪たちが集まる席で婚約を発表することになっていたが、彼女は自分にはまだ早すぎると半ば困惑していた。そんな時彼女の前に白ウサギが現れ、彼を追いかけ穴に落ちた彼女は再び不思議の世界へ飛び込むことになる。しかし、そこは赤の女王に支配された世界だった。


度々描かれるアリスの世界の歪んだ部分を残しつつもディズニーらしくまとめた雰囲気の映画。
世界が「不思議の国のアリス」等の続編的位置づけなため、予備知識が無い人は各々の事情を知らず若干戸惑展開も。

一緒に見に行った友人曰く、主人公アリスは
「19歳にもなってウサギを追いかけ穴に落ちる変態」
なのだが、その主人公の変人っぷりは今回の舞台「アンダーランド」において一際抜き出る事はなかった。
原作の不思議の国のアリスを踏襲しつつもティム・バートン独特の雰囲気を織り交ぜており、言っていいのかわからないが劇中では「常人」に当てはまる人物は最序盤と最終盤を除いて全く出てこない。

34909.jpg
劇中の赤の女王はCG加工により「デカ頭」と言われるぐらいアンバランスな様相をしている。


この映画のキーパーソンである「赤の女王」を始め、人間をとりまく様々な感情が歪んでおり「アリス」の不気味さはキャラクターのやり取りから既に滲み出ている。赤の女王の「首をおハネ!」は直接的な恐怖と城を取り巻く異様な雰囲気の原因を表現しており、一粒で二度美味しい印象深い台詞だ。
登場人物の不気味さを除いて赤の女王以外はそこまでバイオレンスではないのが特に目立つ理由だろう。

アリスも不思議の国の薬によって大きくなったり小さくなったりで視点がめまぐるしく変わるが、その度に画面の印象がガラッと変わるので視覚的にも見てて面白い。最新の映像技術を感じさせられる。
お馴染みチェシャ猫を始めジョニー・デップ扮する「マッドハッター」は復讐心から、気狂いを内包しつつも同じ「変人」であるアリスに徐々に親近感を覚え、感情的に豊かなキャラであると同時に画面上を動き回るその姿は今までの帽子屋の扱いのそれを上回るだろう。

しかし、映画全体ではアリスの成長譚としては非常に薄く、上映時間109分という短さにおいてはあまりにもあっさりと事が進んでしまう。変人が普通になっていく話ではなく、変人が変人のままいるためには~と、いうように映画のが進んでいけば進んでいく程、訴えているものを受け取るための箱が視聴者から無くなっていく場合がある。
また、オチはディズニーを期待していた子供達から見たら終了10分前から突拍子に現実に戻された挙句、意味が理解できない場合が予測される。
元々のアリスの奇妙な世界観は原作から持ってきたものなので思ったよりティム・バートンを感じる事はできないし、予測できるものの受け入れ難い救いようの無い展開と「お祭り騒ぎ」が一番盛り上がって欲しい所でこなかったのは悔やまれる。
この映画をオススメするのは幼少に不思議の国の世界観を確認し、それに魅了されたまま大人になった人だ。
少なくとも映画の売りである「子供連れも大歓迎!」な、内容ではないので全国のお父さんは素直に機関車トーマス等を見に行くといいだろう。
スポンサーサイト

お酒の話し

先日陽気な自分が久しぶりに悲しい現実を再確認させられ、半ばヤケ気味に飲んでいたら翌日凄まじく気持ち悪くなりました…お酒は悪くないんですがやっぱり自分の限度をちゃんと確認しないと駄目ですね。

そこでお酒に強いハズの自分が気持ち悪くなる程度数の強いお酒の紹介です。

お店:神谷バー
お酒:電気ブラン
dk.jpg


浅草、神谷バーで飲める電気ブランはアルコール度数30~40%のお酒です。
元々お酒に強い体質なのか全然酔わないのですが500mlボトルを一人でかっこんでたら物凄く気持ち悪くなりました。
本店では最高3杯までしか注文できない理由も頷けます…。
実際一口で全身が暖かくなるお酒なのですが、喉越しの良さと独特の甘さで飲みやすくなっているので、軽いつまみでもあればストレートでぐいぐいといく事ができます。

また、今回はたまたまスーパーで見つけたものだったんですが、本店の神谷バーも雰囲気は昔ながらの飲み屋といった様相でアットホームな雰囲気がたまらなく強いので、浅草に寄る事があったら立ち寄ってみる事をオススメします。

とりあえず今回の件で自分の限度を確認できたので年度始めシーズンは他人に迷惑かけずに済みそうです。
皆さんもお酒の飲みすぎにはご注意を!

more...

プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。