スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル・スティールレビュー

映画「リアル・スティール」のレビューをするよ!
若干のネタバレも含むので続きを読みたい人はmore...から!

今年見たあらゆる物語の中でずば抜けて成長劇が面白かった映画(とはいっても今年は映画をあまり見れてないのでアテにならないけど)
予告のボクシングシーンのインパクトが強く、ロボット達の勇姿を見る映画だと思っていたのだが蓋を開けてみればメインは親子の物語だった。
勿論ロボット達が魅せるアクションは鋼鉄の重厚感に加え、モーションキャプチャを使って完全再現したプロボクサーのスピード感ある動きで大迫力だったのだが、本当に重要なのはそこじゃない。

2020年。人間同士の格闘技はロボットボクシングの台頭により廃れてしまい、元プロボクサーだった主人公のチャーリー・ケントンもロボットボクシングに見を投じたものの、借金をどんどん増やしていくばかりだった。そんな最中に離婚した元妻が逝去し、産まれてから殆ど会ってない息子、マックス・ケントンと対面する事になる。
色々あって親戚に引き取られる前に少しの間、息子と一緒に過ごす事になるのだがまぁこの親父の駄目な所駄目な所。息子に嫌味を言われればまともな言い返しはできず、賭け事では熱くなって必ずハズレクジを引く。

しかし、息子のマックスもゲーム世代という事が相まって、徐々にロボットボクシングの世界に引かれていく。元々ロボットボクシングに詳しかったものの、初めて間近で見る試合と父親の不甲斐ない姿を見て「僕ならもっと上手くやれるのに」と口を出していくようになるのだ。

11年越しのほぼ初対面という事もあって、最初はお互いに無関心であった二人がロボットボクシングを通じ、意識し始めたこの立ち上がりは胸が熱くなる展開であり、最後まで燃え続ける火種でもあった。
そして主人公達のメインのロボットとなる「ATOM」に出会った所で盛り上がりはピークに達し、それが最後まで続く。
クライマックスも、そこに至るまでただただ本当に大事なものに焦点を当て続けた結果、アメリカンなものにならなくても確かな盛り上がりが残った事がこの映画の出来を表現している。

所々に現れる「日本」の存在はこの作品に大きな影響を与えていて、単にスタッフや美術が日本のロボットオタクという事だけでなく、その文化性にも理解が深い事がよくわかる。トランスフォーマー等を見ればわかりやすいが、普通イケイケの戦争国家からしたらロボットなんて兵器に使うのが一番わかりやすく、手っ取り早く、格好良いものが出来上がる。でも現実、ロボットの技術が高水準な日本で日常的に開発されているものはそういう類のものばかりでは無いし、むしろ「技術の無駄遣い」といわれるものの方が馴染みが深かったりする。
舞台設定の2020年というそう遠くない未来にも関わらず、携帯等のモバイルテクノロジーやロボットボクシングに使われているロボット達のみが、作品中では急激な進化を遂げていたのはそういった「戦争が関わってない所での急速な技術の発達」に、オタク国家日本の影響を見たからだろう。あんな高性能のロボット達、普通だったら「戦争は変わった」と、即実戦投入されるレベルである。

ちなみに、ジャイアントロボ風のロボットが担架で運ばれていたり、背景に見覚えのあるロボットが飾られていたりと終始所々に小ネタも含まれている。おまけに初めてノイジーボーイが出たシーンでは、珍しく劇場全体で笑い声が聞こえたりで掴みもバッチリであった。
そして、この映画では確かに感動するし、公式サイトでは「泣ける映画」と銘打たれてはいるが、個人的には「燃える映画」であって決めのシーンではガッツポーズを取って歓声をあげたい程だった。もし息子さんとの関係が上手くいってたりなかったりしてても、この映画を一緒に見れた親子は何かしら共通して感じるものがあるのだろう。

重箱の隅をつつけば疑問が残る所もあるが、そんな難しい事を考える必要はない。
この映画は良く練られた構成、キャラクター、絵作りにただただ胸を打たれ、燃えればいいのだ。
公開してから早二週間が経ち、正月を超えたら時間が過ぎるのもあっという間で、気付いたら公開が終わってしまうかもしれないのでもし興味があるけどまだ見てない人には是非オススメしたい。
後味の悪さが無い、素敵な映画でした。


【追記】
2回目の視聴にいってきました。最初見に行った時にわからなかった事とか疑問に思った事が少し解消。
この映画、実は本国の映画批評家達からはあまりウケが良くない。
大方「悪くない」という評価ばっかりなのが原因の一つだがガッツリと酷評している所もあった。
勿論英文なので酷評レビューの内容はあまり良く見れてないが「ロボット同士のバトルではスリルとは程遠い」とか「ビデオゲームの様なものに没頭するような子供を見たいか?」だとかの切り口から親子が絆を取り戻していくプロセスに関して苦言を呈していた。

ロボット同士のバトルが云々カンヌンはもはや好みの問題でe-sportsに夢中になる人間がたくさんいる現代では、突っ込むのはお門違いだろう。そもそもこの映画が作られる背景には、現実で行われているロボット相撲等からも影響を受けているんだからそこを否定するのは携わる人間全てを否定するのと同じだ。

ただ、その後に続く絆の構築の仕方に関してはなんとなく理解もできる。
一回目の視聴ではよくわからなかったチャーリーが最後にマックスに言いたかった台詞だったり、結局親父自信の駄目な所は最後まで解消されてなかったりする点は、なんとももどかしい所がある。そんな結果を隠すためにマックスが11歳とは到底思えない実に大人な気の利かせ方をするので素直な親子像は描けてない、という事だろうか。

余計な部分に視聴者の目がいかないように、過去から生まれる理由付けはしてあるものの作品中ではあまり掘り下げないから、気づいてしまうと喉に引っかかってしまうのが難点なのだろうか。フィンやリッキー等の昔からの顔見知りやレンコヴァとの関係性をもっと描けば良かったのだろうが、そうすると今度は尺が長くなったり見せたいシーンに至るまでが理由付けのための退屈なシーンになってしまう可能性が。うーん。

とはいえ、一般人のレビューは78点と概ね好評なので普通に楽しんで見る分には全く問題ないのだろう。

思い立って絵も描いたしBD・DVDもしばらくしたら発売すると思うので上映終了後も忘れず憶えていてくれて幸い。


スポンサーサイト

theme : 映画レビュー
genre : 映画

プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。