スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「47RONIN」レビュー

04.jpg
「ぜってぇ怒られるなこれ…」

お久しぶり!あんだーそんです!

今回は映画秘宝のガッカリ映画にあげられている「47RONIN」の記事を!忠臣蔵を元に誰もが作らなかったジャパニーズファンタジーをハリウッド予算で制作した本作。ご存知キアヌ・リーブス以外は全員日本人俳優(日系含む)という役者陣ではあるものの「時代劇物」という印象が強く出てしまい忠臣蔵や時代劇が好きな人、或いはハリウッドのなんちゃって日本を鼻で笑う人からは見向きもされず日本での興行収入は大ゴケもいい所。
トレーラーの時点で何だかモンスターと戦ってばっかりだし背景も明らかに日本とは言いがたい本作、肝心の本編はいったいどうだったのか!

恒例ネタバレ含むレビューなので視聴済み、またはネタバレOKな方のみmore...から!


そこまで悪くない!

というのが正直な感想。
先に断っておくと海外や日本でも「大不評」なのは主に評論家の方々からなのであって決してオーディエンス含めた絶対的な評判ではない。総合的には凡作的な点数にどのレビューサイトでもなっているけど大不評か好評の二極化してて見る側の視点に評価がかなり左右されていることが分かる。

理由は様々あるものの、例を挙げると今回の舞台である「日本」も冒頭で「当時の海外からしてみればまるでファンタジーの世界だった」と、含みを混ぜた語りが入ってはいるものの、時代劇で目が肥えた人々には理解が難しい上に「現実とは別物ですよ」と、ハッキリ言わないので製作者がどこまで本気なのかがわからない。
また、基本的には「忠臣蔵」をモチーフにしたオリジナルストーリーになっているのだがその意図が多くの観客に伝わり難く、忠臣蔵そのものをハリウッドリメイクしたと勘違いされたり勉強が足りないと言われたりもする。
そして「ファンタジー」ではあるものの雰囲気や話、登場人物が史実のそれと中途半端に一致しているために「なんで時代劇にモンスターが出てくんだよ!!」といったお叱りまで受ける始末だ。

上記で挙げられた点については宣伝、舞台設定、劇中での解説のどれもが失敗だと思うし導入がスムーズでなかった事は確かだ。それにハリウッドで作られた大作時代劇が大ゴケなんて喜びそうな人が多いし便乗したくなるのも仕方がない。
それに、どちらかと言えばそういう舞台や設定より、安野の都合いい立ち回り方や主税の台詞の陳腐さ。若干安っぽい変身ミヅキの姿やシルバー・サムライとのリベンジが無い事にガッカリさせられたりと、重要な位置にいる脇役が微妙と感じられてしまうのが問題だし、それの弊害か人物の相関図も登場人物が多い割に薄く見応えを感じられなかったのだ。日本という舞台に先入観が薄い海外のユーザーレビューではそのツッコミが多かった様に思えた。スポットを当てられた他の赤穂浪士はドラマを盛り上げる為に足を引っ張る為に用意されているようなもので大石やカイ同様に忠義の塊と捉えるには少し演出不足だと感じる。

それでも全体的な評価が地に落ちないのはそういったマイナス面だけを感じずに映画を見れた人が少なからず存在しているからで、恐らく自分もその内の1人なんだけど「最初からジャパニーズファンタジーを期待していた」「忠臣蔵をそこまで詳しく知らない」の2点が相当大きな要因だったのは間違い無く、導入の問題点は全てスルーする事ができたのだ。

そうなると所々に良い点も浮かび上がってきて
・豊富なロケーション
・コントラストの強い美術
・野良大仏
・出島コロシアム
・小気味好い展開
・キアヌの剣劇
・クライマックスにおける静と動の使い分け
と色々挙げられるぐらいには十分に楽しむ事が出来た。
時代劇やお互いの立ち位置に関して詳しくない海外の人向けに敵味方を赤と青で大きくわけたり、豊かな大地とそうでない大地を大げさに表現してみたり、侍女でさえ吉良川は化け物みたいなコーディネートにしたりと美術面では非常に親切な部分が多い。
また、向こうの意図ではないかもしれないが個人的に面白いと感じたのがオリジナルキャラの「ミヅキ」の存在。魔の者である彼女の奸計によって歯車が狂い始めるのだが甘い言葉で吉良を拐かしたり、情緒不安定だった浅野に吉良を襲わせたりと文字通り「魔が差した」という状況に仕立てあげている。テンプレートのような悪女なんだけどもどちらが悪いのか?と考察される史実の浅野・吉良両名を見た誰もが納得する行動に駆り立てる良いキャラだった。
最後には史実通り憎しみの連鎖を断ち切るために主税を除いて全員切腹するのだけど、これも向こうにはあまり馴染みの無い文化でその潔さも良かったと海外のユーザーレビューでは言われていた。


最初に書いた通り総合的には「そこまで悪くない」といった具合でドラマ自体は平凡ながらも舞台や美術面で光ったりネタに出来る所が多々あるので見て損をした気分には一切ならなかった。大予算でグレートコマンダートクガワ支配する日出国ジャパンで繰り広げられるリベンジ&ファンタジーワールドを作り上げたというだけである意味称賛に値すると思うのであまりイメージだけでいじめてあげないで…と、思ったり。実際に見てガッカリした人はボロクソに言っていい。

既に劇場ではやっていないので見るにはディスク待ちという事になるけどまず世界観を楽しめない人はそれだけで損をするので視聴前には是非PVを何度も見て様々なロケーションのロングカットを見たいという気持ちになろう。
そうすれば忠臣蔵という先入観に負ける事無くこの作品を隅から隅まで楽しめる筈だ。
スポンサーサイト

theme : 洋画
genre : 映画

プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。