スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「オールユーニードイズキル」レビュー

皆さんおはようございやす!

o04520640main_large.jpg
このメインビジュアル一切信用してないポスターのキャッチフレーズ等々たまんないっすね

今日は海外では「edge of tomorrow」日本では「オール・ユー・ニード・イズ・キル」というタイトルで公開されている映画のレビュー!原作は2004年にスーパーダッシュ文庫から発表された同名ノベル作品で、最近までヤングジャンプから小畑健先生による漫画も連載。自分は漫画でこの作品を知った口で小畑先生の綺麗な作画は勿論、エラー&リトライによるゲーム的なループ描写に惹かれて映像化の方も楽しみにしておりました。
先に上映された海外では良い評判でしたが実際はどうだったのでしょうか!公開初日に見に行けたので早速レビューしたいと思います。

ネタバレ等々ありますので既視聴やネタバレ大丈夫な方だけmore...から



これこそ「映画版」だ!
というのが素直な感想!

原作ものはどうしてもそれと比べがちで元々のキャラクターが実写の役者と合っていなかったり「ケイジはそんな事言わない!」と、見る側と作る側で解釈が全く違っていたりと色々問題が多い。離れすぎていれば原作レイプと言われるし似せようとしてもビジュアルの完全一致なんて到底無理なので逆にその努力が痛々しく思える事も少なくない。
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」では海外受けも含めてケイジ(海外でも使える名前で良いですね)やリタの設定諸々変わっているので、設定や名前を借りたほぼ別の話になっているのだが今回はこれが功を奏していたと思う。

元の話では自身の死やループに対して対抗心を燃やしていたが、映画のケイジは侵略をキッカケに倒産した広告代理店からメディア担当として軍に入隊し、戦う気もなかったのでループに巻き込まれたのを悟った後でもしばらく弱腰なまま。そのため自分の手に数字は書かないし死んだ回数も覚えない。ようやく重い腰を上げるのはリタが死なない未来を目指そうと試みる時と、キャラクターの思想そのものが違っている。
リタもリタで映画で語られる過去話から見るに両親をギタイに殺された復讐とは無縁で今回のケイジ同様たまたまループに巻き込まれ、死を繰り返しながら長く生きながらえるようになった間に敵が戦略的撤退をしただけなので強さとしては超上位にあたるものの対ギタイの決戦兵器には成り得てなかった。
このキャラ設定の改変が映画の尺や構成にかっちり合っていて、ケイジの言動・行動・仕草・表情からループ回数を察せたり、ほぼ同じカットにも関わらず意味合いが全然違ったりするので映像的に楽しめる様になっていたのだ。リタと初めて対面するシーンは劇中相当数見る事になるが一つ一つ大きく雰囲気が違うし、仲間となるJ部隊の面々と対面する時の行動もその時のケイジの心中によって景色がガラっと変わる。更には敵の本丸に攻め込む為にリタと何度も試行錯誤して初めて序盤を抜けたシーンが出たと思ったらケイジの中では既に何度も体験した場面だったりするのだが、至るまでの台詞や対応でその事を察する事も出来た。

元の話と比べるとケイジの一人舞台過ぎる気もするが映画という性質上焦点は絞った方が感情移入がし易いし、変質していく様をトム・クルーズは見事に表現していたのでベストだったと思う。おかげで他の登場人物の思考や行動に頭を悩ませる事も無いの映像やアクションに集中する事ができるし、徐々に最適化されるケイジの行動にもワクワクし、クライマックスをどう迎えるのか非常に熱中させられた。


ただ、評価が別れるだろうなーと思う所も一つある。
それはこの話の根幹に関わる「ループの設定」の説明が足りない所。

漫画版だと「ギタイサーバ」が時を越えられるタキオン粒子を用いて時間をループさせていた。そして「ギタイサーバ」が死んだ時、近くにいた「リタ」や「ケイジ」はタキオン粒子の影響を受けてサーバと共に過去に記憶を戻されてしまったという感じ。ループを抜けるには「ギタイサーバのアンテナを破壊」「ギタイサーバが殺された時に送られるタキオン粒子を受信して時を戻すバックアップギタイを破壊」「ギタイサーバ本体を破壊」の手順を踏まなければならなかった。

映画版では決着を尺に収める事と、設定の簡略化の為にギタイ本体である「オメガ」が前線司令官である「アルファ」が死んだ信号をキャッチすると時を巻き戻す設定になっていた。(と、思う)ギタイ本体である「オメガ」を倒せば全ギタイの生命活動が停止して人類大勝利な上にループからも抜け出せると何とも思い切った設定になっていたのだが、能力を得るための条件や失う条件がいまいち不正確な為に簡略化したにも関わらず「何が起こったのかわからない」と呟く人が少なからず現れてしまっている。
なにせ、今までループ時には初年兵集まる駐屯所に連行されて起きる場面から再開していたのが「オメガ」撃退時に体液を浴びループしたのが映画冒頭のシーンなのだから、ルールが急に変わった気がするのも仕方ない。

パンフレット等に正確な情報が書いてあるのかもしれないがとりあえず自分の頭の解釈では

・「アルファ」は死亡時にオメガに信号を送っている、もしくは「オメガ」が死亡を感じ取って時を戻している
・「アルファ」の血が混じったケイジも死亡時に同様の判定を送ってしまい「オメガ」が時を戻してしまっている
・故に「アルファ」自身にはループ能力は無い
・体液の比率が変わると誤信が起こらなくなるので、輸血されると能力を失ってしまう
・「オメガ」が設定できるのは前々回の就寝後。
※1.ケイジはJ部隊の宿舎で就寝・起床をしていて、その前の気絶・起床した初年兵施設内まで戻されているので。
・「アルファ」の体液を浴びた時同様「オメガ」の体液を浴びたケイジは「ループ」能力を得た。
・「オメガ強襲作戦」の為、本来寝る場面で寝てなかったケイジは更に1回前の起床で目を覚ます。
・「オメガ」は本体そのものが時を越えつつループしていたので破壊されたという事実が過去に飛ばされる。
・大団円

と、結構好意的に解釈してようやく納得できた。それでもループ能力が失われた際にも1回気絶しているのでオメガの体液を直接吸った事で通常より一回分前の起床後に戻ったと考えた方が妥当なのか…それともオメガの能力で自由な時間軸に任意で飛べたのか…とか思うし、その他もろもろ可能性が考えられるので完全にはスッキリしないのだけど。

個人的にはラストの解釈の混乱を避けるために漫画版のラスト同様、リタが死んでも死ななくてもケイジが成長仕切った様を描きつつこれからは人類の完全反撃だエンドでも良かったと思うのだけど一応筋は通っているので原作の設定を受け継ぎつつスッキリ纏められていると感じた。だけど劇中の説明不足により、視聴者によってはあまりにも都合の良いハッピーエンドに映ってしまう可能性は大きい。

それでも無駄なシーンはほぼ無かった様に思えるし、劇中でギタイのループについて知っているのはたった3人なので詳細なルールについて検証する時間も設備も無い(下手にミスしてループ能力を失ったらその時点でおしまいだし)
その点の解釈を視聴者にある程度任せる事によって視聴後、ハマった人に作品を思い返させたり考察をさせる事が目的なのだとしたらまんまと製作陣に乗せられたという事になるだろう。


なんにせよ今となっては目新しさはない設定・ビジュアル・キャラクター・アクションに見えるかもしれないが序盤のエラー&リトライのエラー部分がちょくちょくコミカルで飽きないし、リトライ部分も下手ながら抗っている感じがして非常にゲーム的でこういうのが好きな人は稀有な映像体験となるかもしれない。パワードスーツが全体を通してそこまで役に立たなかったのは残念だが実際に装着して演技しているので重量感はばっちしだし光る所はしっかりあったので概ね満足。個人的には尺をもちょっとだけ伸ばして因縁のアルファとパワードスーツ使って追いかけっことかしても良かったと思うけども、最近長尺の作品ばっかり見てたので1時間50分でここまでまとめてくれたのは非常にありがたかった。
SF作品としては結構当たりな作品だと思うので異星人との対戦に飽きて無い人は是非劇場に足を運んでみてください!
スポンサーサイト
プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。