スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「進撃の巨人(実写前編)」レビュー

main.jpg

心臓を捧げよ!

お久しぶりです。
7月の異常な忙しさも明け、巷で話題だった(これを書いてる時はもうそんなに騒がれてないけど)実写進撃の巨人を上映初日に見てきました。前回の記事でも書きましたが「実写映画化は必ず失敗する」なんて事は碌に作品を見てもいない人の論調であって、年に十何本と出てる中からは名作と言われるものだってあります。
とはいえ、未だ語り継がれるデビルマン(これだってどれぐらいの人が見たのやら)や記憶に新しいガッチャマンは制作側の多くの期待を込められつつも大失敗し、今作もそんな先輩たちの仲間入りをするんじゃないかと期待されていました。

そんな中、封切りされたこの映画は自分に「見に来て良かった」と思わせてくれました。

良かった点として、邦画だって凄い画が作れるという事を示してくれた事が第一。
そして、第二に決して原作を蔑ろにする作りではなく寧ろ原作初期が持っていた「巨人の恐怖」という魅力の一つを最大限まで押し出してくれた事です。

勿論、原作におけるキャラクターの魅力はどこへやら、になってしまってはいるのですがガッチャマン等に比べればキャラの設定からはドラマも破綻しておらず、対巨人におけるシーンの邪魔にはなっていません。多少のネタバレになってしまいますが、今作のメインキャラクター達は原作よりも新兵然としていて、戦う事を第一に考えられた部隊でもありません。おまけに訓練もろくに積まれてないので作戦行動中にぼやっとした態度を取ってしまいますし、緊張感もどこか緩いです。
それ故にホラー映画おなじみの「ボンクラがどんどん消化されていく」展開に繋がっていくので、王道な作りだと思うんです。

原作やアニメでは絶対に出せないであろう血の臭いや質感は実写ならではであって、そんな生々しさから開放してくれるような爽快感あるクライマックスの画を見せられたのであれば自分は興奮せざるを得ませんでした。


ただ、問題なのはキャラの動機(特にエレンやミカサ)や思わせぶりなシキシマの行動や謎の人物の動向。そして「どこに向かおうとしているのか」が相当伝わり辛いところで、これは前編後編を合わせてようやく一つの物語として成立するように脚本を作ってしまったのが非常に大きく影響しているのだと思います。
原作既読者は特に気づきやすいであろう伏線の張り方もそうなのですが、前編では各々がどういった意図だったのか腑に落ちるような説明も描写もされず、前編での解決はほぼ無いに等しいのです。
これが、エレンやミカサへの観客からの好感度を大いに引き下げていて本来感情移入させなければいけない場面を寒く感じさせてしまい、結果として原作の魅力の一つでもあった少年少女達の青春群像劇を大幅に劣化させたものになってしまっています。これが後編で劇的に良くなるかどうかも「でもガッチャマンの脚本家だしなぁ…」で期待があまりできませんし、ここから実写進撃全てが悪く思える人が出てくるのも仕方ないのかな、とも思いました。

ただ、脚本のサポートをした映画評論家の町山さんがどれだけ手を加えたかは知りませんが、見れるものになるような調整に関しては頑張っていたみたいで、ラジオたまむすびでの上映前放送ではこの映画のお話についても熱く語ってくれました。


発言しなければ伝わらない、というのが少し悲しくもあるけど何の考えもなしに作っているわけではない、という事。
情熱を持っているという事が聴いてて嬉しかったです。

原作あり実写化ものはどうしてもそれ自体が映画としての欠点となってしまい、評価をする層の影響を大きく受けてしまうわけで、今回の進撃の巨人も公開初日の朝6時というどの劇場でもやってないであろう時間にも関わらずyahooレビューで600件ぐらいマイナス評価多めで点数がつけられてました。勿論、そういった悪意だけしかないレビューを除いた所で80点を超えるような事は無いし賛否両論は変わらないと思います。マッドマックスみたいに映像も話も完璧でないと面白い映画ではないと考える人だって多いと思います。
それでも、パシフィック・リムみたいに特定の層に向けた映画が評価される中「今作が特撮ファンにはたまらない?知るかバカ!」と絶賛する側を否定するのはいかがなものかと思います。自分は特撮ファンというにはあまりに見た作品が少なすぎるし、進撃の巨人だって原作アニメともに見ていますが今回の作品だって一つの可能性として未来を大きく切り開いたと思います。

兎に角願う事は後編で腑に落ちるようしっかりと話しを纏めてくれる事だけです。
無事事なきを得て、この経験が原作実写化ではない後の新ブランドに繋がるよう、期待しています。

また、もう少しネタバレがまじったものとエレンやミカサ等の動機の解釈についてはmore...から気になる人だけどうぞ!


恐らく作中で良く見た人も悪く見た人も疑問に思うであろう「エレンの動機」と「エレンとミカサの距離」について、前編では前編としての脚本の構成の甘さか、はたまた適当に作っているからなのかこれが多くの人に伝わっていないせいで行動が意味不明と思われたり、共感を得られなかったりしていると思います。

エレンの動機についてはそもそも映画冒頭でアルミンに
「エレンは一体何がやりたいの?」と聞かれて「壁の外に出てみたい」という様に応えるも「どうして」という部分については抜け落ちています。青年の時点でこれなんだから元より原作と違って進む道が定まってないんですよね。そこで新造されるという調査兵団に入ってみようと思い立つわけですが、その後ミカサが目の前で巨人に殺される(と思ってしまった)事で今度は復讐のために巨人と戦おうとします。ここはたまむすびの解説を聴いた後だと助けられなかった事に対しての贖罪で死に場所を探しての入団であり、単なる復讐ではない事が理解できたのですが劇中では説明不足だと思います。
そこからミカサが生きていた事で再び目的を失い(昔と同じように接してくれなかったのもあるだろうけど頭のなかが纏まらなかった所にシキシマの「お前は家畜か?」という台詞が活き、自暴自棄だけではない、家畜ではない事の証明に燃え出したのだろうけどいかんせん前の流れからミカサを他の男に取られた(個人的にはこれもシキシマが焚きつけようとしているだけだと思う)怒りから暴れているようにしか見えない作りになってしまっているのではと感じます。
また、例えそうだったとしても「ではどうやって証明する」が「巨人と戦う」とそれ以前に考えていた行動と同じな為に思考の違いに目を向けにくいし、散々虐められた後で世界に対して「駆逐してやる」と怨嗟を吐いても主人公の思考を捉えられなかった人からしたら「何で?」となるのは当たり前なのではないでしょうか。
一応、感情と行動はギリギリ繋がっていると思うのだけれど原作のエレンが頭にちらついていたり初っ端のどうしようもない若造感が鼻についてしまい、このキャラクターを理解しようと前向きになれなかった人にとっては何がしたかったのかわからないまま話が終始したように見えるのだと思います。
これが後編で、エレンの道が落ち着いてくれれば一応は主人公としての役割を果たせるのだと思うのですけど…。


続いて、ミカサとエレンの距離について。青年に至るまでどれぐらいの交友関係を築いてきたのかを少しでも描写する必要はあったと思います。もし、後編でその辺りに触れず前編冒頭だけで「三人はとても仲良しでエレンはミカサがなんとなく好きでミカサもエレンがなんとなく好きでした」というような設定だとしたらちょっといただけないかな、と。
前編の時点で幼馴染同士の癖等について触れるシーンがちょっとでもあれば「あぁ、子供の頃から仲良しで、近しい場所にいれば好意が生まれるのは必然だな」とも思えるのですけど、前編にはそんな空気全然なかったですね。流石に、あの描写だけでミカサがエレンに対してそこそこの好意を持っているという設定にはしないと思うのでそこらへんは後編でやってくれると期待はしているのですけど…ガッチャマンの脚本家だしなぁ。本当に何で起用したんだろ。
恐らくミカサがシキシマに対してNOと言えない背景には最初の巨人襲来の際に助けた人物がいて(噛まれながら一人で逃げたとは思いづらいし)それがシキシマであり戦い方を教えたのもシキシマ故に従っちゃってるだけで恋愛関係とかではないと思いたいんですよね。気持ちはエレンに向いていたとしても、それまでの生活を考えれば以前の様に接する事が出来ないのは当たり前だと思うし、そこは簡単に理解できます。

映画全体の悪いところがこの2点に集約されてるといっても過言ではなく、部分部分切り取って悪い所だけレビューに乗っける事で面白おかしく紹介できちゃったりでやっぱり脚本の力不足は否めないです。
結局、抑圧からの解放という流れがエレンの精神的にも物理的にも一応あったおかげで成立したように思えますが基本的にそれ以上の、お話としての解放がなければ心に響かない人は多いでしょう。それが、特撮作品として見た層と普通の映画として見た層の評価の違いに現れているのではないでしょうか。

伏線の張り方は原作を知っていればそこそこニヤリとくるものが多く、わかりやすいシーンで言えば明らかに通る幅の無い建物の屋内にいた赤子の巨人の描写やサンナギが巨人を投げる所(巨人が質量に対して体重がやたら軽いって事の伏線だよね…?)エレンの両親と関係のあるソウダの台詞等、後編に繋げる気まんまんなのは見てとれました。
後編で全ての解決を図るみたいなので怒涛の展開になるのでしょうけど、結局この辺りの伏線には触れずに後編でストーリーをまとめたらちょっと拍子抜けですね。

ただ、先に述べた問題点を払拭するような終盤に登場するエレン巨人が素晴らしくてあのシーンのためだけにもう一回見にいこうとも思うぐらいです。まどろっこしい難しい要素や難解な所を全部無視してでも、です。

映画視聴前に偶然これも見て「すげー」と思ってたんですが、進撃終盤も相手や見せ方は違えども「ウルトラマンが異種格闘技戦をする漫画」が描きたかった諫山先生が見たかったであろうものになってて、コレ以上ない原作者へのプレゼントだったと思います。前編のED途中で流れた後編の予告でも前編以上に巨人バトルしているので、お話がお粗末だったとしても多分満足できます。それでいて、お話も良ければそれに越した事はないんですけどね。


なんとなーく、主人公達の事がよくわからなくてもやもやしていた、という人がこれを見て共感したり納得してくれればと思います。人によっては癖の強いシキシマに好意を持ったり、普通に怪演をしていたハンジが良かったと思う人もいる筈です。(こちらは8月15日からdtvでドラマもやりますね。
加点方式で見れば良い点はしっかりとあった映画ですので、気になったら安く見れる日とかにでも見に行ってみて下さい。

それでは。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。