スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー レビュー

ここ一年ライダー映画を見る機会が増え、調度ブログも更新してなかったのでレビューをば。
ネタバレ含みの展開になるのでもう見た方、もしくはネタバレOKな方のみ追記からどうぞ。
あらすじ(wikipedia引用)

2011年。火野映司 / 仮面ライダーオーズは怪人と戦っていたが、それはヤミーではなくモールイマジンだった。まもなく、モールイマジンは少年の記憶を辿って過去へ逃亡してしまう。映司とアンクはモールイマジンを追って現れた時の列車「デンライナー」に乗り込み、1971年11月11日へ向かう。

アンクは他のグリード達が目覚めていない時代へ来ることでメダルの取り放題を企んでいたが、過去への介入は許されず、モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス達デンライナーに乗る4人のイマジンに監視された。しかし、アンクは腕だけになって1971年の世界へ飛び出した。

1971年の世界で映司とモモタロス達がアンクを追いかけている頃、野上幸太郎 / 仮面ライダーNEW電王はモールイマジンを倒すが、その爆発の衝撃によってアンクは自分を取り押さえようとした映司に押しつぶされたときにセルメダルを1枚落としてしまう。誰もそれに気づかないまま、アンクを取り押さえて一行は現代へ戻った。

ところが、現代へ戻った映司とアンクが見たものは、悪の組織「ショッカー」に支配された日本だった。1971年の世界でアンクが落としたセルメダルがショッカーに回収されたことがきっかけとなり、当時の仮面ライダーである1号と2号は敗北。そのため、V3以降の仮面ライダー達は誕生しないことになっていた。そして、ショッカーは後世に現れる多くの悪の組織と同盟を結んで世界征服に乗り出し、日本を自らの支配下へ変えてしまっていた。

生き残った仮面ライダーは、特異点ゆえに時間の影響を受けない幸太郎と、彼に同行していたために辛うじて仮面ライダーとして存在する映司のみとなった。幸太郎らデンライナー一行は歴史を修正するために再び過去へ向かい、映司とアンクは現代に留まって怪人軍団の前に立ちはだかる。しかし、そこにショッカーに敗北してその頂点に君臨する怪人の称号を持つ悪の戦士に変貌した、1号と2号が襲いかかる。


自分はそこの所あまり詳しくないが、脚本をライダー作品を台無しにする事でお馴染みの米村正二が務めている。
ノリでなんとかしてしまおうという作風は小さい子供から見たら問題無いが、物語の整合性を求める段階まで来るとどうにも首を捻ってしまう出来になってしまうのが特徴だ。
主題歌の酷さも相まって不安しか無かったが、結果としては「惜しい所が目立つ」程度に収まっていた。

特に自分が一番惜しいと感じる部分は「前半でバランス良く配置できた伏線の回収方法」だった。
今作は所謂タイムパラドックス物なので主人公達が過去に介入した事で変わった世界とその解決方法に主な焦点が当てられるが、残念な事に解決方法に至っては前述した「ノリでなんとかしてしまおう」という作風に犯され「精神論」が採用されてしまっている。


シーンを取り上げてレビューしたいのでざっとあらすじを踏まえて結末までを書くと、ショッカーに支配された現代日本で生き残っていた少年二人(ミツル・ナオキ)もデンライナーで幸太郎達と共に過去に介入。しかし、幸太郎達は歴史の修復に失敗し大破しそうなデンライナーで逃亡する際、ナオキはライダー1号2号を放っておけずテディと共に1971年に残る。2011年は変わらずショッカーに支配された世界のままで、なんとか戻ってきたデンライナーも完全大破し幸太郎、モモタロス以外のメンバーは爆発に巻き込まれてしまう。加えて火野映司、アンクと共にショッカーに捕まってしまい公開処刑されそうになってしまうが1971年に残ったナオキからのメッセージを偶然見つけた少年達はなんとかオーズのベルトを映司に渡そうと処刑場で奮闘する。
ベルトを託す作戦は怪人に止められ、1号2号も登場して絶対絶命。
しかし1号2号は心あるショッカーの科学者に洗脳を解かれており、悪の汚名を着せられつつも正義のライダーとして立ち上がる機会を伺っていた。幸太郎と映司は救出され、正義のライダーの出現により公開処刑場に集まっていた民衆も怪人達に苦戦するライダー達を助けようと身を挺するぐらい気を高ぶらせていた。
しかし、やはり4人のライダーだけではどうにもならず絶体絶命という所で他のライダー達が登場。

存在しない筈のライダー達に「何故復活した!?」と驚くショッカー軍団だが、デンライナーのオーナー曰く「ライダー達は消せても、人々のライダーを想う心は消せなかったみたいですな」と一蹴。


デンライナーの爆発に巻き込まれたかと思われたメンバーも再登場し、1971年のナオキ達を守るために死んだ筈のテディも何故か復活。昭和、平成ライダーが続々登場しショッカー軍団を次々と倒していき、1号2号もショッカーグリードにリベンジを果たす。ショッカー大首領に苦戦する映司にアンクは先ほど入手したコアメダル「ショッカーメダル」とモモタロスから取り出した「イマジンメダル」を渡し、タマシーコンボを発動し、必殺技で首領を撃破する。
平和が訪れたかに見えたが真の敵「岩石大首領」の出現により再び世界は滅亡の危機に立たされる。
「悪を滅ぼすまでライダーは絶対に死なん!」と激を飛ばすライダー1号達の下に平成のサブライダー達も伊達さん(バース)の号令で駆けつけ、各々のバイクに乗り岩石大首領に突撃。今度こそ世界に平和が訪れる。

全てが解決した世界にナオキを連れ戻そうと考える幸太郎達だが奥から登場したショッカーに捕まっていたミツルの父が「その必要は無い」と、言う。1971年に残ったナオキはその後、少年ライダー隊の女の子と恋に陥り、1号2号の洗脳を解くためにショッカーの科学者になっていた。ナオキが前だけを向いて諦めずに生きていた姿を見て映司達もまた、前だけを見て戦う事を決意した。


というお話。


ツッコミを入れたい点を残したら思いの外長文になってしまったので全部見ずとも後々確認してもらえれば良いが、とりあえず前半部で詰め込んだ良い要素を後半部では全部ゴミ箱に投げ捨てている様だけは確認できると思う。
ツッコミ始めたら止まらないのだがまず最初に「過去への介入は絶対に禁止」と映司達に念を押した筈なのに少年二人の過去への介入は全く問題に上がってない事。
また、失敗した過去の一分前に戻りセルメダルを回収する事が出来るのであれば、失敗すると分かった時点で更にもう1分前に飛べば良いんじゃないかという事。
ショッカーグリードが生まれた世界では1号2号以降のライダー達が出現しなかった、という設定の筈なのに復活したライダー達をショッカー軍団、加えて何も知らない筈の民衆の中に「ライダーを想う心」があった事。
というかそもそも平成ライダーは1号2号の存在に関わらず生まれてくる筈、という事。(これがその後のライダーシリーズが制作されたかされないかのメタ発言であるなら絶対ではないが)
ていうか40年間ライダーは恐怖の対象だったのに民衆がいきなり応援できんのか、デンライナーの皆はどうやって生き残ってたんだ、てかテディは40年前に死んだのにどうやって生き返ったのか…等々などなど

正直物語の整合性に至ってはびっくりするぐらい破綻していた。

また、演出的にもオールライダーでは散々やっている横一列に並ぶ図は何度も見た図なので最早ありがたみも無く、AtoZで鳥肌物だった町の皆から応援は、エキストラの演技が適当なのも相まって驚くぐらい寒くなっており、友情出演で顔出しまでしたフィリップと翔太郎は一瞬だけ登場(しかも戦うのは久しぶりとまで言わせちゃう)、特別ゲストのキカイダー達も逃げてる敵の追い打ちにのみ使われ、極めつけは全てのライダーが自前のバイクに乗って突撃する際に「40」の数字を人文字で現してしまうぐらいだ。

これら宜しく無い点が殆ど後半に集まっているせいで前半部分で思いの外ワクワクさせられ、大きかった期待もガツンと裏切られ自分の中で評価が著しく下がってしまった。


タイムパラドックスものでは王道でありつつ上手い作りだと思った「ナオキ君を過去に残す」という展開はその後の展開を視聴者に予想させ、当たればスッキリし、外れても良い意味で期待を裏切られるストーリーが生み出せた筈だが「精神論でライダー復活」を実行されては、ナオキ君が過去に残った意味は非常に薄れてしまう。
そもそも歴史改変が行われる前のナオキ君の記憶を辿ってモールイマジンは40年前の過去に行ったのだが「ナオキ君の40年前の記憶」については幸太郎が疑問に思ったもののその説明は作中で一切なされていない。

演技に関しては子役が非常に上手く、映司の訴えも見てる人をスクリーンに釘付けにする程であったが後半の物語が役者の頑張りを限りなく台無しにするのは中々見られないだろう。

そもそもディケイドの際は「様々なライダーの世界」という事だったので今回のライダー映画の設定にいちいちツッコミを入れるのはお門違いなのだろうが、各ライダーにつけられたキャラ付けをガン無視するような展開や歴史の改変同様に物語にも非常にブレが生じているのはやはり頂けない。

4/1にtwitterでつぶやかれた感想が「1号2号がかっこいい」ばかりだったのは理解できたしそれ以外事に触れないのもわかる。決して面白くない訳じゃない。盛り上がる筈だった部分が盛り上がらなかっただけなのだ。
また、今回のキャッチコピー「世界よ、これが日本のヒーローだ」はAtoZにこそ相応しく、この映画には早いフレーズだ。ライダーがいなかったとされる世界にいた人々に応援されるのはなんと虚しい事か。
夏のオーズの映画には期待したい所。


このレビューはライダーシリーズにあまり目を通しておらず、脚本の良し悪しもわかってない人間が書いてるものなので「一般人から見たらこう見える」程度の意見と思ってもらえるとこれ幸い。
スポンサーサイト
プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。