スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」レビュー

やぁ皆!久しぶり!暇な時間はlolばっかやっててこちらの更新を疎かにしちゃってたよ…

先日いつもの崖っぷちメンバーとライダー映画を見に行ったんで思い返しながらレビューをしていきたいと思う。
ネタバレも若干含むのでなるべく視聴済みの方のみ目を通してくれよ!

「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」

・あらすじ
人間の欲望に秘められた“世界再生の力”の結晶であるオーメダル。ドイツの山奥で、800年前にオーメダルを作り出した錬金術師の封印が解かれた時、強力な力を持つ錬金術師・ガラが復活した。その時、ガラがいたヨーロッパの森林地帯と、東京の新宿一帯が入れ替わってしまう。さらに、仮面ライダーオーズである火野映司やアンクたちがいた一帯が時空を超え、江戸時代と入れ替わってしまう。そこで映司は貧乏旗本の三男と名乗る男と出会うが…。

あらすじだけ見ると前前作である「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE」の悪夢を思い出させる謎設定。一体誰が何を思ってドイツの錬金術士と江戸時代を噛み合わせようとしたのか、麻薬でもやりながら考えたんじゃないかという印象は映画を見た後でも変わらない。
しかし脚本の力が素晴らしく総合的には非常に気持ちの良い映画だったのは間違いない。

最近ではアナログ放送も終わり、TVで放送している本編を見れていない自分だが織田ヤミーの時にやらかした「お金をあげれば皆ハッピー」の映司や40周年アタックでお馴染みの「人々のライダーを想う心(笑)」の様な雑なヒロイズムは展開しておらず、一貫してオーズの中でも重要なキーワードである「欲望」で火野映司という人物像を表現していた。「欲望」という言葉だけだと非常に卑しい印象を持つが、鴻上光生を演じる宇梶剛士の痛快な演技と主人公の目的により好意的な感情に捉えられていたのが面白い。
実に正統派な「人を救いたい」という気持ちが「満たされない底なしの欲望」になっているのは見ていて若干恐ろしくもあり、惹かれる設定であった。

焦点の当て方がブレてなかったおかげもあって、序盤ポカンと開けていた口もしっかりと塞がり、アクションシーンを楽しむ余裕も出て終始面白く見れていたが、やはり暴れん坊将軍との謎コラボや日本(しかも新宿周辺)が反転して三箇所が過去の世界になったら世界は滅亡、という謎設定は今でも頭を捻らす。

一応は子供向け(なのに暴れん坊将軍?)という事もあり細けぇ事は良いんだよ!精神なのかもしれないが「500万円貰える代わりに一生ちょんまげ」という謎交換条件は江戸時代に反転させるための条件かとおもいきや、二つ目に反転した場所は白亜紀だったりで何ら整合性は見られない。そもそも今作の悪役であるガラが生きていた800年前の時代と江戸時代では相当に年月が離れているため謎チョイスであるし、500万円という謎額は一体何を基準に設定されているのかわからない。おまけに500万円を受け取った人はもれなく謎パワーにより一生ちょんまげ(帽子で隠したりも不可)になるわけだが、目の前でちょんまげ以外は一切の変更が効かないのを見せられたにもかかわらず、真っ当な社会人なら数年我慢すれば貯められるであろう額で一生を棒に振るかもしれない選択を、後続もさも当たり前の様にやってのける謎シーンは一種の恐怖だった。
極めつけは新宿周辺の三箇所が反転したら世界は滅亡し、新たな世界が生まれるという現象に一切の説明が無く、滅亡へのイメージが全く沸かなかった事が緊張感を失わせてる。

ガラの手下が映司に出した「貴方一人が現代に帰れる代わりに他の皆は消滅してもらう」という問や、それに対する映司の答えは理が通っていたのだが、それ以外のラスボスの行動には終着点がイメージとして見られずただただ「滅亡」という言葉だけがぷらついていたのがクライマックスのカタルシスを薄めていた原因だろう。
主題歌の挿入点がエウレカを思い出させる早漏さであったり、良い演出、良いアクション、良い展開で心を賑わせたにも関わらずすんなり褒められないのは全て散りばめられた謎設定のせいだろう。

人物像の掘り下げ方やアクションは個人的にも馬鹿素晴らしく、あれだけ「かっこわるい」と思っていた映画限定のブラカワニでさえ「頭以外はかっこいい」と思わせてくれた。
毎度の事だが良い映画に子供向けも大人向けも無いと思わされるのは貴重な体験。
もしお時間があるなら「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」見に行って下さい。



ちなみに同時上映のゴーカイジャーも短いながらも出来の良すぎるアクションで楽しめた。

【追記】
>最後の親子の会話で「時代劇と恐竜が好き」という会話があった。つまり母親の身体を乗っ取ったガラの意識に影響を与えていたのでは?

なるほど!それなら時代のチョイスに辻褄が合いますね。(反転させると世界滅亡は相変わらず良くわからんですが)
スポンサーサイト

theme : 特撮・戦隊・ヒーロー
genre : 映画

プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。