スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨミヨミでござる!

風よりも速く!
林よりも静かにぃっ!
炎よりも熱く!
山よりも高くにー!




バ、バング殿かっこいいでござるー!!


ゲームセンサーGFシリーズ終わった事を後回しにするぐらいバング殿はカッコいいでござるな…
あいあんのテイガーとは掴まれたり掴んだりの中でござるがやはり格闘ゲームというものは好敵手がいると盛り上がるでござる
ポムギが使用する愛しのライチ殿に負け越してるのが気になるでござるがこれもれでぇふぁあすとというものでござるな
そんなこんなで最近ブレイブルーにはまってるで候


それはそうとCSが終わった事もあり次回作にとりかかろうとしてるわけですが次回はまた新しい試み(とはいっても既存のものですが)をするための撮影もあり投稿日は速くても3月頭になりそうです…
一応コミュの方では要望のあったノーカットノー編集版を投稿する予定なので、二週間程間違い探しできると思いますがその他にも間を繋ぐ何かが欲しいですね。

part2-1の投稿予定が決まってから気づいた事ではありますがニコニコ動画の仕様が変わり現在のランキングは総合ポイントで決まるせいかランキング入り→再生数を稼いで再びランキング入りという現象が上位動画に見られますね。
伸びる動画が更に爆伸びするのは良いんですけどいかんせん一週間でのランキングの変わり方があまり見られないのが不便です。ランキングの表示設定は個人で変えられるものの、結局総合で上に上がってる動画がコメントもマイリスも貰い易いためあまり違いが無く、前みたいにムーブの先駆けが最初伸びてその後類似動画が毎日の様に上位にあがってくる~という流れが今はムーブの先駆けがずっと上に残ってあまり下のものが発掘されにくくなってる気が。

面白い動画の信頼度は上がったものの違うものがあまり目に入らなくなったのは残念ですな…

「なんで日本人は海外ゲームを嫌うんだ?」

8ヶ月越しにやっと動画の編集が9割9分終わり、後は何か変な所がないかチェックするだけの所に。
報告がこれだけなのはちょっと記事が寂しいので気になったものを取り上げる事に。


痛いニュース「外人ゲーマーの素朴な疑問 「なんで日本人は海外ゲームを嫌うんだ?」

この手のスレって定期的に経つけど毎回同じ流れで終わってるのが何とも言えない。
例えば洋ゲーの偏見として「FPS」しかないってのは鉄板でこれを切り口にして洋ゲー批判している人が多数だ。
確かに最近の流れを見ても日本でローカライズされているものの90%はFPSやTPSでどれもこれも日本人受けしなさそうなものではあるし、ムキムキマッチョマンの主人公が銃でドンパチやってハッピーエンドで終わるのが殆どだ。

とはいえ海外ゲーマーに向かって「FPSばかりやっているのに日本のRPGを批判するんじゃない」というのはお門違いだ。
まず一つに向こうではJRPGの起源でもあるTRPGをゲーム上で再現したWRPG(オブリ・Fallout等・M&B等)は人気を誇っているし、TRINE・Shadow Complex・Braidといったサードパーティが作った横スクロールアクションも好評だ。
日本では絶滅寸前のシミュレーションに至ってはリアルタイムからそうでないものも含めて今でも続編や新シリーズが作られ続け、これも支持されている。
詰まる所海外ゲーマーは別にFPS・TPS等の射撃がメインの1ジャンルにのみ拘っているわけではなく、面白いゲームなら何でも受け入れてプレイしているのが現状という事だ。最近の日本のゲームだってホラーはもとより、任天堂製品の多くは売れているし応援団の海外版であるEBAや格ゲーも需要があるからこそ向こうでもローカライズされている。

ただ偏見が出るのは単純に日本でローカライズされて出る洋ゲーの殆どが先程言った「ムキムキマッチョマンの主人公が銃でドンパチやってハッピーエンドのゲーム」ばかりであって、これらが流れてくる要因の一つが日本のゲーム市場が「島国という小さなエリアで年間200万本以上売れるゲームが出ている」という場所だという所。
とはいえその100万200万を超えるゲームはブランド力・もしくはターゲットが老若男女全ての任天堂製品が殆どなので実の所あまりアテにならない数字なのだが、それでも海外のパブリッシャーから見ればまだ魅力的に見えるので、余裕があればローカライズしてでも日本に回して数字を伸ばそうとしているのだ。
文化の違いからか、いい加減洋ゲーは日本では売れないと感じGears2みたいに売上や規制によってかかる修正点の問題から日本で出す事をしぶる所も出てきているが、それでも最近のスクエニしかり大作洋ゲーを日本でも売ろうとしている所は今後しばらく無くならない筈だ。

日本の市場は市場でブランド力があるメーカーが出したゲームのみが売れるのが現状で(そもそも大半のサードパーティが面白いゲームを出せてないだけなのだが)HD化が進んだ事によりPS3,箱○で出そうとするならば開発費も馬鹿にならず、大手が参入してもリアルなグラフィックに一般のゲーマーは惹かれているわけではないのでそこまで大ヒットを望む事もできない。そもそもHD機+ブルーレイの容量いっぱいのゲームを作ろうとするとDSやPSP等の携帯機の9~10倍以上の予算が必要なため、売上も同じように伸びない限り利益は遥かに後者の方が高い。
今では据え置きでなくてもPS2時代ぐらいの内容のゲームは作れるし、移動時間やちょっと暇な時にすぐ起動できる携帯機の方が国内では需要が高いせいか、スペックの問題が無ければわざわざ据え置きで作るメリットはないのだろう。

また、日本だけで見れば最近勢いが出てきたPS3でさえ100万本突破は今のところFF13だけで次点でMGS4の70万本、次いで龍が如く3が50万本という結果になっている。
規模は違えど海外市場がHD機で300万本、500万本、果ては1000万本を超えるゲームを今もポンポン出している所を見て一部の日本の販売・開発も向こうを視野に入れた方が美味しいんじゃないかと思っているはずだ。
現実にFF13は海外ではソフトの売上も凄いXBOX360版(劣化は酷いみたいだが)も出したしCAPCOMもMSとのコラボで向こうで人気が高いGears of WarとLOST PLANETのコラボを発表した。



途中でかなり話が脱線してしまったけど要は日本人ゲーマーの大半は海外ゲーマーよりそこまでゲームに対して敏感ではなく、宣伝を重ねたものやブランドがあるゲームが目に入るから売れやすいだけなんじゃないかって事。ゲームは娯楽のカテゴリとしても日本ではそこまで高い評価は得て無いし、操作や攻略法の要領を得るまでに時間がかかるゲームはやる気の問題もあってそもそも受け入れられない傾向にある。これは別に文化と生活の違いだけで悪い事ではないんだけども海外のゲーマーから見たら「こっちにはこれだけ面白いゲームがあるのに何であの国では流行らないんだ?」という風に見えてるだけなんだと思う。世界で面白いと思われている上に、自分でも面白いと思っているものがある国では全く受け入れられてない所を見たら疑問に思うのは当然の事だ。
だからといってそんな疑問を持った向こうのゲーマーを筋肉バカというのは他の文化を良く調べず馬鹿にする事と一緒だし、日本のゲーム市場が狭いという事と海外にも面白いゲームは沢山あるという事もヘビーユーザーを自称するなら知っておくべきだと思う。面白いものを知らないというのは単純にもったいない事をしているんだからね。


まぁ、それでもやっぱり言語の壁は厚い。

三代目Win気絶

3月始めに購入しゲームPCとして使ってたものが昨日気絶しました。

2代目で調べた所、原因はVGAの故障と判明…早速ケースを開けてみると悪臭がただよってたので何かが溶けてたんだと思います。どう考えてもメンテ不足orz
昼頃にPC内から「ボンッ」という音がしたので「おかしいな?」とは思ってたんですが…もっと早めにケースを開いて見るべきでしたね。
不思議な事に1代目から3代目まで必ずこの時期にぶっ壊れてます。(毎年1台ずつ)

3代目は先代の件もあり3年保障付きなんでこの先2年間は何度倒れようとも立ち上がって頑張って欲しいですね(´・ω・`)

Steamメンテ

         ライジングサン(良く見たら十三面じゃない)
やったー国士無双でたよー\(^o^)/


国士無双

4月4日の午後9時前あたりにSteamにログインしようとした所定期メンテが入っており、はぁはぁとL4Dをやる気まんまんだったものの中々復旧しないためyahooゲームで遊んでました

オセロ、ビリヤード、麻雀、将棋等をやりつつ4時間ほど暇つぶし

中々メンテが終わらず麻雀でもはぁはぁにボコられてテンションが下がりつつあった所に国士無双
CP麻雀とはいえ生で見れてはぁはぁと二人で盛り上がってましたがメンテは終わってませんでした

深夜一時ごろにやっとメンテが終わり続々とログインしてきた方々を誘って早速L4D
深夜だったのでVCは抑えつつも楽しく遊べました


【追記】
L4D対戦会始めた頃にSteamチャットの方でSkypeのIDを教えてくれた方々がいたと思うんですけどメモしてたファイルを失くしてしまったのでもし宜しければもう一度お教えしてくれれば幸いです

川崎の電脳九龍城は凄かった

「次回作マダー?」といったメールを度々貰いますが頑張って(主にスミスが)4月には投稿するんでもうちょっとゆっくりして待ってて下さい

さて、今回の記事はあるゲームセンターのレポートでして自分も好きなゲームセンターCXのたまゲーでも取り上げられてたウェアハウス川崎店に行ってきました

第10シーズンラストのガロスペの回で取り上げられてたこのゲーセンですがその周りに馴染まぬ外観と内装のこだわり、レゲーの豊富さを見て一度行ってみたいと思ってました
ウェアハウスへ行く前日、ジャギメットを探しにふらっと立ち寄った新宿ミカドでサウザーに空気を入れられつつも周りに置いてあったマリオや魔界村や古いシューティングゲームを楽しみレゲーへの興味が最高潮に達したので急遽友人を誘い実際に見にいくことに

午後1時、JR川崎駅に到着しすぐ近くにある飲食店で腹ごしらえ
地図を頼りに人通りが少ない歩道を5分程あるくと…

ウェアハウス全体

ウェアハウスの登場です
写真左のビルと比べてみてもその異様さは圧倒的
公式HPを確認してみると川崎店だけでなく他の支店でもそれぞれ違う特色が出ているようですね

そして遊歩道を使い入り口前へいくと…

入り口1

とてもアミューズメントパークへの入り口とは思えない装飾
壁を這う様に伝っているパイプも含め全体的に錆ついていて廃墟スキーな人も興奮するかも

入り口2

また「WARE HOUSE」と書かれてはいるものの入り口と思われるドアの存在感があまりにも重々しく
たまゲーで事前に見てた自分ですら本当に自動で開くのかどうかドキドキしてました
夢のような光景に興奮しつつ一歩踏み出してみると挙動が思ったより軽く、スムーズに開いてくれました

電脳九龍城

扉を開くとそこには
「電脳九龍城」の文字が
既に知っている方もいるかもしれませんが川崎のウェアハウスは香港の九龍城をモチーフに作られているようで内観もゲームセンターとは思えない作りこみになっていました
しかも右の扉は開く時に「プシュー!」といった蒸気が噴出す音が発生しディズニーさながらのギミックも仕掛けられています

そしてどうやら内部は撮影禁止のようで今回のレビューでは載せられませんorz
知らずに何枚かパシャパシャ!とやってしまいましたが意図的に禁止しているのなら載せない方が良いでしょう

店は全部で5Fまであるようで(建物の高さの割りに階層が少ない)今回はお目当ての2Fビデオゲームコーナーで遊ぶ事に
あ、ちなみにここ18歳未満は入店禁止のようなのでご注意を
怪しい施設は見た感じなかったのですが4~5Fの関係で規制しなければいけなかったんでしょうか
誰か理由を教えてエロい人

エスカレーターを上がると「皮膚病」のポスターや性病を治療する旨のポスター
2Fに到着するとレゲーコーナー付近には民家と思わしきものが立ち並んでおり天井付近にはワイヤーを張って洗濯物が干してあったり下では一見何の肉かわからないものが売ってあったり(勿論レプリカ)で爽やかな川崎の町から一転、アンダーグラウンドな空間へ飛び込んでしまいました

入ってすぐ目に入ったたまゲーでも課長がADの中山さんとやっていた投球王国ガシャーンをプレイし一汗かいたところでお目当てのレゲーコーナー・・・へ・・・?

レトロゲームコーナーがない



一旦店内地図を確認すると確かに「レトロゲーム」と書かれてはいるのですがその一角には古びたUFOキャッチャーと割りと新しいエアホッケー、投球王国ガシャーンのみ
もう一度店内を見回してみるとどうもたまゲーで見た風景とレイアウトが変わっている…
完全になくなってしまったのかどうかは知りませんがどうやら新作ゲームが入ってきている都合でいろいろと配置が変わっているみたいです
懐かしのテーブルゲーム等に触れてみたかったのですが普段通うゲームセンターでは見られない筐体がたくさんあったのですぐに気持ちを切り替えました

100円で5回裏まで遊べるハイテク野球板で消える魔球の恐ろしさを味わいアーケード版リズム天国(BGM注意)でリズム感の無さを痛感し、よくわからないレースゲームで壁に激突しまくりで交通事故の怖さを知りました

それと数ある体感ゲーム機の中でも特にアフターバーナーが素晴らしく、スティックを動かすとシーツ全体がそれと同じ様に動き、超高速の中で飛び交うミサイルを避けるのは非常に爽快でした
このゲームも2006年には既に稼動していたようですがその大きさ故か(少なくとも畳三畳分)取り扱ってる所が少なかったのか全然見た事なかったんですよね…
左手のレバーで速度調節しつつ岩の間を抜けていったりバレットタイムのようなものを発動させて敵機を一気にロックオンして爆破できるので難易度もウェアハウス設定で比較的軽めなのかどうかは知りませんがまさかの2回コンティニューで全クリできました

そして疲れたのでいつものビデオゲームを見ていく事に
DARIUSを始めシューティングが数本とくにおくん等の古いアーケードゲームが少し
何故かむちむちポーク置いてある事に驚きつつスルー
CAVEのゲームとはいえパッケが微妙に病気がかってるせいか誰も座ってませんでした

結局なんやかんやでファイナルファイトをやる事に
直前に自慢のエルフォルテが友人のブランカによってボコボコにされた事はとりあえず隅に追いやって本腰入れて協力プレイで全クリをしよう!と、いうことに

しかしソドムが強い

そこだけで4コンティニュー…体感ゲーム含めウェアハウスのゲームはどれも設定が簡単になっていましたがビデオゲーム関連はデフォ設定っぽいです くそ!やられた!

その後も片っ端からゲームをプレイしていくと既に時刻は7時前
入る時は明るかった外も電脳九龍城を出る頃にはすっかり暗くなっておりライトに照らされたウェアハウス、もとい電脳九龍城はなんだか幻想的でした

夜


下手すれば いや、下手しなくともそこだけで一日は遊べるゲームセンター
そんなウェアハウス川崎店に一度寄ってみてはどうでしょうか?

帰ってきてから調べてみると川崎はレトロゲームが置いてあるゲームセンターが多数あるようで今度電脳九龍城にスミスとかと行ったついでに他も見てこようかなぁと思います
筐体だからこそ面白いゲームって最近のゲームセンターじゃあまりお目にかかれませんからね

それではまた!


L4Dのぼやき

対戦中に仲間の愚痴をチームチャットでいうのは士気が落ちるし意味がないのでやめて欲しい
日本語がわからない外国人に向かって日本語で罵倒しているのは見てて気持ちの良いものではない
コンソールコマンドで遊びたいのならフレンドだけでやってほしい

これは流石に萎え落ちされてもしょうがないですな…
プロフィール

あんだーそん

Author:あんだーそん
Steamのニックネーム:Donald
SteamのID:andersonkun
フレンドの申請はご自由に!大歓迎です
プロフ画は「さんちぇむ」さんに描いてもらいました!感謝!

連絡先
メールフォームにて

pixivやってます

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。